深夜徘徊備忘録

深夜の史跡建造物を中心に巡る夜景ブログです

iPhoneXsで早朝から夜景までを撮ってみた

この記事をシェアする

 iPhoneXsを購入を機に時間がある時に写真撮影をしていました。

今までは結構ではないですが、型落ちのiPhone6sを使っていました。

当たり前ですが、写真のレベル差をとても感じ、iPhone4sから6sに移行した時よりも感じましたので、ダブルレンズの性能の高さはまじまじと見せつけられました。

 

 

朝の写真

 

f:id:zudo-n:20180930124004j:plain

朝の秋葉原駅電気街口のロータリー前です。

結構くっきりとしていて、体感的にクリアな感じになりました。

 

夕方の写真

 

f:id:zudo-n:20180930124005j:plain

f:id:zudo-n:20180930124006j:plain

夕方の隅田川です。

日没近い太陽で逆により少し曇っていたり、眩しい感じですがそれでも眩しくて撮れなかったであろうところが撮れていました。

 

夜景

 

f:id:zudo-n:20180930124010j:plain

f:id:zudo-n:20180930124009j:plain

隅田川の夜景で夕方に撮った地点と大体同じです。

とても驚いたのが、聖路加タワーがくっきりと撮れていることでした。

特にくっきりではないのですが、窓から部屋の一部が見えていて驚きました。

 

f:id:zudo-n:20180930124008j:plain

f:id:zudo-n:20180930124007j:plain

procam5というアプリでの撮影もしました。

ISO等を弄りながら撮影したのですが、あってもなくても大差無いとまでは言い過ぎですが、今までiPhoneやiPadでの撮影ではアプリがないと夜間は綺麗に手軽に撮れませんでした。

 

終電後の八丁堀駅構内

 

f:id:zudo-n:20180930124003j:plain

 

終電後の八丁堀駅構内です。

出入口の中から外に向かって撮影しました。

奥に見える地上も見えるのですが、壁や階段の染みまでが結構くっきりとしており、色合いが良く出ていると感じられました。

 

料理

 

f:id:zudo-n:20180930124002j:plain

 

暗い店内で食べていたのでせっかくなので撮影しました。

暗い中を初めて撮影したのと一緒に同席していた方の手などが写っており、この写真しか載せられませんでした。

タオルと見比べてみて頂くと分かるのですが、ポートレートもしっかりとしています。

アプリでの撮影やAmazonで購入した外付けレンズとは何だったのかとなるほどでした。

 

おわりに

今までiPhone6sにProcam5というアプリと外付けレンズを使って撮影していました。

当ブログでは8月の記事までです。

 

noctivagant.hatenablog.com

 

さらにこの記事からはAdobe Lightroom CCのiPadアプリで編集をはじめました。

それが今回のiPhoneXsの撮影明るさ調整以外は、素人の自分にはあまりいらなくなったと感じました。

 

noctivagant.hatenablog.com

 

まだカメラ機能を活用できていませんが、今後は慣れて行き夜を散歩する時に使うだけではなく、舞台探訪に使えるよう工夫していきます。